メニュー

保険を学ぶ

「働けないとき」のリスクに備える
就業不能保険とは?
3つの特徴と選び方

「世帯主がもし病気や入院で働けない状態になったら?どう備えたらいい?」

こんな心配をされている方は多いですよね。

今回は、仕事をしている方が病気や入院で退職や休職を余儀なくされた時の不安に備える就業不能保険について解説していきます。

この記事を読めば、就業不能保険の特徴や類似した他の保険との違い、選び方の注意点などがわかります。
早速見ていきましょう。

働けなくなった時の公的保障は
どのくらい受け取れる?
計算してみよう

まず、就業不能保険を検討する前に、一家の大黒柱が働けなくなった時に受け取れる公的保障を確認しましょう。

1.傷病手当金

会社員として働いている方が病気や入院などで働けなくなった時、健康保険や協会けんぽなどに加入していれば『傷病手当金』を受け取る事ができます。

傷病手当金の計算方法
『支給開始日のの継続した12カ月間の各月の標準月額を平均した額÷30日×(2/3)』
です。

※全国健康保険協会より

働けなくなってから4日目以降、最長1年半にわたって、給与の3分の2が受け取れます。
例えば、給与が30万円の方なら20万円が給付されます。

詳細な給付要件は、加入している健康保険に確認してください。

2.障害年金

障害状態になった場合に国から受け取れる給付です。

国民年金に加入している場合は『障害基礎年金』が、厚生年金に加入している会社員はこれに加えて『障害厚生年金』を受け取る事ができます。

年金額は障害の程度によって決まります。

障害基礎年金は、1級で年額『781,700×1.25=977,125円』が、2級なら『781,700円』を受け取る事ができます。

障害年金の受給額は、子どもがいる場合一定額の加算があります。

1人目2人目は『各224,900円』が、3人目以降は『各75,000円』となっています。

金額の計算方法:日本年金機構より

自営業・フリーランスの方は要注意!

「国民健康保険」に加入している自営業やフリーランスの方、扶養で健康保険に加入している方は傷病手当金が受け取れないので注意しましょう。

特に自営業やフリーランスの方は、治療が長期化してしまった場合、自分が働けなくなる事で事業が立ちいかなくなるリスクもあります。
傷病手当金が受け取れない場合は自身で対策をする必要があります。

公的保障やその他の保険でまかなえない不足額はいくら?

2020年度の総務省による統計によると四人家族での平均生活費は『338,650円』となっています。

公的保障で受け取れる額が大体わかったら、いくら不足するのか計算してみましょう。

例えば、傷病手当金が20万円受け取れるなら残りの14万円を補えれば不安も軽くなりますよね。

次は就業不能保険の特徴と一緒に、具体的にカバーできる費用を解説していきます。

就業不能保険の特徴3つ。
具体的にどんな費用をカバーできる?

就業不能保険とは、病気や入院などで退職、休職を余儀なくされた時に、金銭面でサポートをする保険です。

公的保障で不足する分を就業不能保険によってカバーする事ができますが、具体的に何をカバーできるのでしょう?3つの特徴を解説します。

1.生活費をカバー

病気や入院だけでなく、うつなどの精神疾患での退職や休職によって給与が払われなくなった時、当面の生活費が心配ですよね。

有給で対応できればいいのですが、有休を全て取ってしまった後は給与が受け取れません。

就業不能保険は、こうした働けない期間に、給与の代わりとして保険金を受け取る事ができます。

2.医療保険のカバー

入院中は自宅での生活費はかかりませんが、固定費(光熱費の基本料金や携帯電話料金、住宅ローン、家賃など)がかかります。

3.精神的・体力的な負担をカバー

病気やケガ、精神疾患で働けなくなる事は誰にでも起こりうることです。

休職中、体のケアだけでも大変なのに、そのうえ家計の心配もとなると家族の負担は計り知れません。実際、家族の体のケアに加えて、家事や育児もと負担が重なり、家族の方が倒れてしまうといったケースもあるのです。

そうした精神的・体力的負担もカバーできるのが、就業不能保険です。

就業不能保険を比較する際の
3つのポイントと注意点

働けなくなった時に備える就業不能保険ですが、選ぶ際に注意点があるのでみていきましょう。

1.精神疾患が対象になっているか

働けない期間、と聞くと多くの方がケガなどをイメージしますが、若年層で増えているのがうつなどの精神疾患です。

精神疾患が給付の対象外になっている就業不能保険もあるので注意しましょう。

2.専業主婦・専業主夫の方も加入できる

専業主婦・主夫の方にも上限額が設定されているものの、加入できる就業不能保険があります。

実際、それまでの家事や育児を担っていた方が病気やケガになった場合、家の事を誰がやるのかという問題が発生します。

こうした時、家事手伝いサービスを依頼するための金銭を就業不能保険によって補えます。

3.働けない期間に注意

支払い対象となる『働けない期間』に注意しましょう。

この期間を超えて、所定の就業不能状態であることが支払いの対象となっています。

保険会社によってこの期間は異なるので、加入前にしっかりと確認するようにしましょう。

4.給付金の受け取り要件に注意

毎月、毎月の給付要件が必要です。一度でも給付要件になるとお支払いされます。

似ている名前に要注意!
就業不能保険と収入保障保険の違いは?

就業不能保険と類似している名前の保険で収入保障保険というものがあります。

名前は似ていても、保障内容は別のものです。

就業不能保険は『病気やケガなどで就業不能な状態の時に収入を補う』もので、収入保障保険は『死亡や高度障害時に収入を補う』ものとなっています。

どちらも年末調整の生命保険料控除の対象ですが、就業不能保険は介護医療保険料控除の対象であり、収入保障保険は一般生命保険料の対象となっているので注意しましょう。

就業不能保険 収入保障保険
主な目的 働けなくなった時の自分や家族の生活費を補償する 遺された家族の収入を保障
保険金が支払われる事由 病気やケガで長期間働けなくなったとき 死亡または高度障害となったとき
生命保険料控除 介護医療保険料控除 一般生命保険料控除
こんな人におススメ 自分が働けなくなったときの収入減少に備えたい方 死亡したとき、遺された家族の生活費が心配な方

もしもの時に、家計をサポートしてくれる就業不能状態

ケガや病気、うつなどの精神疾患で休職などの就業不能状態になった時に、サポートしてくれる就業不能保険。

生命保険文化センターの調査によると、就業不能保険の世帯加入率は12%。ですが現役世代に絞った加入率は20%となっています。

加入する時は

  • 受け取れる公的保障と現在の支出額から不足額を予測する
  • うつなどの精神疾患が対象となっているか確認する
  • 対象となる働けない期間を確認する

こうした事に注意しましょう。

「世帯主が働けなくなったら、今の生活がどう変わる?」この機会に考えて備えておきたいですね。

保険の一括見積り(資料請求)