メニュー

保険を学ぶ

学資保険とは

子どもが生まれたら、たびたび話題にあがる学資保険。大切な子どもの夢や希望を応援したい、しっかりとした教育を受けてほしいのがご両親の気持ちでしょう。一方で、子どもの成長過程には、どうしても一定の大きなお金、教育資金が必要になる時期があります。

そんな教育資金を、その時が来る前から計画的に準備できるのが“学資保険”です。

子供がまだ小さいうちから準備することで、来るべき時にも、大きな出費に慌てずにすみます。学資保険は子どもの将来のために積み立てる大事な資金です。その特徴を理解し、ご自身が納得できる商品を選んで、しっかりと準備していきましょう。

将来の学費に備えるための保険

多くの保険会社と、保険の種類から選ぶことを考えると、気が重くなるかもしれません。いつ、どのようなタイプを選んだ方が良いか整理していきましょう。

計画的に確実に

学資保険は、子どもの将来の教育資金を備えるための資産形成を目的とした保険です。最近では、医療費用も合わせて保障するプランもあります。

学資保険は満期を迎えると保険金を受け取れますが、一番のメリットは契約者(ご両親や祖父母など)に万一のことがあった場合にその保険金を保障してくれることや、保険料の払い込みを免除してくれることにあります。

積み立てた資金の受け取り方については、契約時に満期で受け取る金額を設定し、何年かけて払い込むかを決めますが、お金を受け取るタイミングとして、小学校、中学校、高校、大学に分けて祝金と満期金を受け取るタイプと、大学進学のタイミングに満期金を受け取るタイプがあります。

また、学資保険の魅力の一つに、払込保険料の総額以上に、満期の保険金が多くなることがあります。

ただし、契約する際の年齢や、何歳までに払い込むか、そして満期保険金を受け取るタイミングがいつかによって保険金も変わります。進学と共に教育費は上がる傾向にありますので、安心できるように事前にしっかりと準備し資金計画をたてましょう。

万一の時にも備えたい

前述の通り、学資保険の特徴の一つとして、契約者(両親や祖父母など)が死亡または所定の高度障害状態に陥った場合、以後の保険料の払い込みが免除され、満期時には設定した満期金や祝金を受け取れることがあげられます。このように、万一の時にも安心できる保険としての役割も備えています。

どうして支払った金額より多く返ってくるの?

学資保険は一般的に払い込んだ保険料の総額より多い満期保険金が返ってきます。契約者にとってはとても嬉しいことですが、どんな仕組みになっているのでしょうか。

保険会社は、お客様から預かった保険料を資産運用して利益を上げる努力をしています。保険会社の利益構造が、予定死亡率と実際の差による死差益、「予定した利率」と実際利率の差による利差益、運営にかかる諸経費の予定と実績の差による費差益と分けられることからわかるように、皆さんが払う保険料は一定の運用利率を含めて計算されています。

学資保険も同様に、積み立て預ける期間が長期にわたることから、保険会社が安定して運用することができるのです。また、プラン次第で保険料が異なるのは、保険料を預けるタイミングの早さやその後の期間により運用の差があるからなのです。

保険の一括見積り(資料請求)