メニュー

保険を学ぶ

医療保険とは?

皆さんは病気やケガへの備えは準備していらっしゃいますか?健康な時はあまり気にはなりませんが、病気やケガは突然訪れるものです。
万一病気やケガになった場合、身体的負担も大きいだけでなく、合わせて通院や入院、手術などの医療費用等、「経済的負担」が発生することになります。

こういったもしもの場合の経済的負担に備えることができるのが医療保険となります。
ひとまとめに医療保険と言っても、どのようなリスクに備えるのかにより考えるべきポイントが違います。まずは基本の部分をしっかりと理解していきましょう。

医療保険とは

医療保険の説明の前に、まずは公的医療保険(国の医療保険制度)についてお話したいと思います。

公的医療保険制度は、病気やケガをした際に、医療費の一部を公的機関が負担する制度のことをいいます。種類にもよりますが、一般的にはこの制度により医療費の自己負担が3割程度で済みます。
また、医療費が高額になった際には「高額療養費制度」という制度により、月々にかかる医療費がある一定額を超えた場合は後で払い戻しを受けることができます。

一方で、全ての医療に係る出費が公的医療保険による保障の対象となるわけではなく、入院時の差額ベッド代や食事代は全て自己負担となります。また、先進医療を受ける場合の技術料は公的医療の対象外であり、負担費用が高額となる可能性も十分にあります。

そこで、主に自己負担部分における経済的なリスクに備えるためにあるのが医療保険です。公的医療保険の保障やご自身の預貯金では足りない部分、働けない間の生活費なども含め、万一の病気があった際の経済的リスクに備えることができます。

医療保険の種類

医療保険には保障期間が決まっている「定期型」と、一生涯の保障が受けられる「終身型」の2種類があります。

定期型

定期型は10年間や50歳までなど、一定期間・一定年齢まで保障を備えるタイプです。自身のライフプランに応じて保障の手厚い時期を設定したい方におすすめです。
年齢にもよりますが、比較的に保険料の負担がおさえられる傾向がありますので、支払う金額を可能な限りおさえながら保障を準備したいという方に向いています。

一般的に契約期間の終了(満期)を迎えるタイミングで、更新するかしないかを決めることができますが、更新する場合は、その時点での年齢で保険料が再計算されることから、多くの場合保険料が上がるため注意が必要です。

終身型

終身型は、途中で解約しない限り亡くなるまでの一生涯において保障が続きます。そのため、保険料は加入時から一定で変わらないのが一般的です。
年齢が若いうちに加入しておけば、支払い期間は長くなるものの、高齢になっても一定の保険料で病気やケガに備えられるという特徴があります。

年齢が若いうちの保険料負担が比較的大きくなる傾向がありますが、将来を見越して一生涯の保障を備えておきたいという方に向いています。

まとめ

健康なときは保険でリスクに備える重要性を考えにくいものですが、病気やけがといった「万一」は予期せぬタイミングでやってきます。そのため、早いうちから医療保険の特徴や、自分のライフプランと必要な保障について考え、目的に沿って様々な医療保障から選び・絞り込んでいくことが大切です。

医療保険を準備していない方、または保障内容が不十分かもしれないと不安な方は、病気やケガをした場合のリスクに対してしっかり備えるためにも、この機会に医療保険について考えてみてはいかがでしょうか。

保険の一括見積り(資料請求)