メニュー

保険を学ぶ

医療保険の選び方

病気やケガで入院・手術をした場合、その費用等の保障が受けられる医療保険にはさまざまな種類の商品があるため、選ぶ際にどれにしたらいいか悩む方が多いのではないでしょうか。

ここでは医療保険の選び方に関する3つのポイントをご紹介しますので、ご自身に合った保険商品を選ぶときの参考にしてください。

ポイント1:どんな場面でいくら受け取ることができるか

医療保険は、主契約に加え、特定のリスクに対し手厚い保障を備えられる特約を付加する仕組みとなっているので、どんな場面で・いくらの保障が受けられたら安心かご自分が必要と思うことを整理してみましょう。

  • どんな場面(例えばがん・生活習慣病・ケガによる入院など)
  • 保障を受けられる金額(主契約の保障でいくら保障されるか、特約による上乗せはいくらか)

このように、どのようなときに保障が受けられるのか、またその場合に必要な保障額はいくらなのかをきちんと検討しておきましょう。

また、一般的な病気やケガによる入院・手術の以外にも、特約を付加することで所定の先進医療などにも備えられますので、それぞれの特約・保障額の内容をあわせて確認しておくことをおすすめします。

ポイント2:必要となる保障期間

医療保険は、10年間や50歳までといった一定期間・一定年齢の間だけ保障が受けられる「定期型」と、亡くなるまでの一生涯保障が受けられる「終身型」があります。

定期型は、保険料をおさえつつ大きな保障を受けられるため、子どもがまだ小さい間など、ある期間なるべく保障を手厚くしておきたい場合におすすめしています。

終身型は、保険料の負担は定期型に比べると大きい傾向にありますが、一生涯の医療費負担に関する保障を確保できるため、生涯にわたる病気やケガのリスクに備えられ、生活の上での安心を得られます。

ポイント3:保険料の負担

医療保険に複数の特約を付加し、保障を手厚くすることができますが、その分保険料の負担は大きくなります。自分が備えたいと思っているポイントはきちんとカバーし、自分に必要な保障内容とすることで適切な保険料となるよう検討しましょう。

また、終身型の保険料は一定で変わらないものが多い傾向ですが、定期型は満期の契約更新の際に更新時期の年齢で保険料を再計算するため、保険料負担が増えてしまうケースも想定されます。

定期型は契約当初の保険料を安くおさえられる特徴がありますが、そういった保障期間の違いによる特徴もふまえてプランを考えましょう。
保険料は年齢を基準に算出されるものが多く、終身型の場合は年齢が1歳でも若いうちに加入しておくと、その分加入期間は長くなりますが、同じ保障額でも負担を小さくおさえられるという点もポイントです。

まとめ

医療保険は一般的な病気やケガによる入院、手術に対する医療費の保障だけでなく、がん・三大疾病・生活習慣病・女性疾病に対する一時金や通院保障・先進医療保障など、特約を含めると数多くの備えがあり、一人ひとりのニーズに合わせて設計できるようになっています。

ご紹介した3つのポイントを参考に、どんな場面で・いくら保障を備えておけば安心なのか、保障内容・保障期間・保険料のバランスを考え、万が一のいざというときに支えとなってくれる、今の自分に合った医療保険を選んでいきましょう。

保険の一括見積り(資料請求)