メニュー

保険を学ぶ

ペット保険

ペット保険は、ペットが病気やケガで動物病院にかかった際に、通常全額自己負担となる治療費を補償します※。

日本全国、どこの動物病院にかかっても入院・手術などの治療費を保険金として受取ることができるほか、ガン給付金や死亡給付金などがセットされた保険もあり、会社によっては賠償責任補償等のセットもできます。

※補償対象外となるものもございます。

チェックポイント

1.ペット保険の補償は2タイプ

治療費に対して50%や70%の保険金支払割合を設定し補償するタイプと100%補償するタイプがあります。補償割合を増やすことで自己負担金額を少なくすることができますが、その反面、保険料の負担は多くなります。

2.どこの動物病院でもOK

日本国内で獣医師の治療を受け治療費を支払った場合、治療費について支払割合に応じた金額を保険金としてお支払いいたします。

3.こんなサービスもあります

高度後遺障害保険金、葬祭保険金、賠償責任危険補償特約、診断書費用保険金など

※補償内容や支払条件などについては保険会社や保険商品によって異なります。詳細は各保険会社のパンフレット、契約概要、注意喚起情報、ご契約のしおり、約款をご覧ください。

※引受保険会社:SBIプリズム少額短期保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、楽天少額短期保険株式会社

保険の一括見積り(資料請求)