メニュー

保険を学ぶ

女性向け保険とは?

女性には女性特有のがんや病気、妊娠・出産など、男性には存在しないさまざまな健康上のリスクがあります。
女性向け保険とは、一般的な医療保険の補償内容に加えて、女性特有のがんや病気・出産に対する保障を備えた、女性のための保険や特約をいいます。

女性向け保険への加入を検討する際、基本的な情報や特徴を理解し、どんな保障が必要かを考え、あなたに合った保障を見つけていきましょう。

女性向け保険は「女性特有のリスク」に備える保険

女性向け保険は妊娠や出産、そして女性特有の病気などの際に発生する経済的負担や医療費用等をサポートするために作られた「女性のための保険」です。

例えば女性にはこんなリスクが考えられます。

  • 乳がんや子宮頸(けい)がんなど、女性特有のがん
  • 子宮筋腫や卵巣のう腫など、女性特有の病気
  • 妊娠および出産

といったものがあります。
こういった不測の事態では、急な入院だけでなく、手術や長期的な治療になる場合も考えられ、心身への負担はもちろん、経済的負担も大きくかかってきてしまします。

そんな時、それらの助けとなるのがこの女性向け保険です。
健康なうちは中々気がつきにくいものですが、一般的な病気やケガ以外にも女性特有の病気や健康リスクは決して小さくなく、しっかりと備えておくことが必要です。

女性特有の病気事例

女性特有の病気には、一般的に、乳房・子宮・卵巣に関わる病気などがあげられますが、これらは年齢を重ねるにつれ、病気を患う可能性が高まる傾向にあります。

女性特有の病気・リスクの一例としては

  • 乳がん、子宮頸がん、卵巣がん
  • 子宮筋腫、子宮内膜症
  • 卵巣のう腫、卵巣機能障害
  • バセドウ病、橋本病
  • 異常分娩(帝王切開など)、異常妊娠(双子、子宮外妊娠など)

また、女性特有のがんについて、乳がんでは40代から50代の方が最も発症しやすく、子宮頸がんでは、20代の若年層でも発症する方が増えている状況です。
(参考情報:国立がん研究センター がん情報サービスより)

この他にも病気に限らず、帝王切開・切迫流産・子宮外妊娠など、妊娠・出産に関わる入院・手術もあることから、年代に限らずさまざまなリスクが考えられます。そんなリスクに備える女性向け保険は一体どういうものなのか、詳しくご説明していきます。

女性向け保険の構成は医療保険+女性疾病特約という組合せ

「女性向け保険は、医療保険とどう違うの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、女性向け保険は、基本的に医療保険をベースに、それに女性特有のリスクに対する手厚い保障を特約として付ける形が一般的です。

「医療保険(主契約)+女性疾病特約(特約)」

医療保険の保障だけでは備えが充分でない部分を、女性疾病特約で補うといったイメージをしていただければ、分かりやすいと思います。

女性向け保険は医療保険が主契約となりますので、女性特有の病気・リスクに対する保障だけではなく、一般的な病気やケガによる入院・手術・先端医療による高額な医療費などのリスクに備えることも可能です。

女性向け保険を選ぶときは、女性特有の病気やリスクに加え、主契約である医療保険の保障内容をどう備えていくかも一緒に考えましょう。

まとめ

女性向け保険についてご紹介してきましたが、通常の医療保険で保障できる部分に加えて、女性が気になる「女性特有の病気や出産などによる医療費負担・経済的負担」に対してもカバーできる保険です。

もしも、女性特有の病気・身体のトラブルに見舞われた場合、身体の負担だけでも大変なところに、入院費や治療費・生活費といったお金の面の心配が重なるのはとても辛いことです。

また、日本における死因の上位にある「がん」も、近年は治療をすれば治ることが多い時代となってきていますが、治療費用は高額になる場合も考えられ、女性特有のがんについても例外ではありません。

一般的な病気・ケガへの備えに加えて、女性がかかりやすい病気やがん、そして妊娠や出産へのリスクにも女性向け保険でしっかり備えましょう。

保険の一括見積り(資料請求)