メニュー

保険を学ぶ

女性向け保険の選び方

医療保険が主契約となる女性向け保険は、選ぶ際の考え方も医療保険を見る際と似ているところがありますが、それだけではなく、女性疾病特約の「保障期間、保障内容、解約払戻金の有無」について検討することが重要です。

女性向け保険は医療保険をベースに考える

女性向け保険は「医療保険(主契約)+女性疾病特約(特約)」という仕組みが一般的となりますので、その選び方も医療保険に似ている部分が多くあります。

まずは、主契約の「医療保険の保障内容」で通常の病気やケガによる入院・手術の場合にどう備えるかを考え、次に特に備えたいと考える「女性特有のリスク」について検討していきましょう。
医療保障を考える際に押さえるべきポイントは主に以下の3つです。

  1. ポイント1:必要な保障期間
  2. ポイント2:最も大切な保障内容
  3. ポイント3:解約払戻金は必要か

ポイント1:必要な保障期間

保障期間は、一生涯保障が受けられる「終身型」と、一定の期間だけ保障が受けられる「定期型」がありますが、まずご自身が必要とする保障の目的を考えることが大切です。

女性向け保険を付け加えることを考えた場合、該当部分の保障を手厚くすることになりますので、優先して備えておきたいリスクが、妊娠・出産なのか、女性特有のがんや病気に対してなのか、それらの目的によって考えるべき保障期間が変わってくるからです。

「40歳までは妊娠の際のリスクに備えたい」という方なら定期型を検討、「乳がんに対してはずっと備えておきたい」という方なら終身型の検討など、何のために備えたいのかを整理することが大切です。

ポイント2:最も必要な保障内容

女性向け保険の保障内容を考える場合に、最も大切なポイントは、「何に対して備えるのか」ということ。女性が抱えるリスクは妊娠、女性特有のがん・女性疾患などさまざまです。

また、年代によってリスクの割合も違ってきます。女性特有のがん(乳がん、子宮がん、卵巣がんなど)であれば、40代~50代の罹患率が高いですし※1、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫など女性器官の病気等へのの備えも大切になってきます。

※1参考:「国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計」「国立がん研究センター がん情報サービス がんの統計 '18

そして病気ではありませんが、出産においては約4人に1人が帝王切開による異常分娩となっている統計もあります。また、その他にも子宮外妊娠など、自分が想定していなかった場合での手術が必要となる可能性もあります。

(※参考:厚生労働省 平成28年我が国の保険統計 医療施設の動向より)

これらリスクに対して全て備えることも選択肢の一つです。ご自身の状況に応じて過不足なく保障を備えることは難しいかもしれませんが、今後のライフプランをしっかりと踏まえ、どのリスクに対して準備していくのかをしっかりと考えていきましょう。

保険会社・商品によって、女性向け保険でカバーできる保障範囲が異なります。加入を検討する際は保障の内容、範囲には十分気をつけましょう。

ポイント3:解約払戻金は必要かを考える

保険商品によっては、解約する際に払戻金があるタイプ、払戻金がないタイプもあります。

解約払戻金は、解約時にこれまで支払った保険料の一部が戻ってくるというものであり、あるタイプの商品はその分支払う保険料も高くなる傾向にありますが、その資金を将来に活用することもできます。反対に払戻金がないタイプは掛け捨てであり、解約払戻金がない分、比較的に保険料の負担をおさえつつ幅広い保障を備えることができます。

このような情報や知識をふまえ、ご自身にとって解約払戻金が必要かどうかも含めて考えていきましょう。

まとめ

女性向け保険を選ぶ際は、保障期間・内容と保険料のバランスを見定めていくが重要となります。

勿論できる限り保障を手厚くしたいものですが、毎月の保険料の負担、どれくらいの期間にどれくらいの保障が必要かなどとバランスを取りながら、しっかりと考えて決めていくことをおすすめします。

保険会社によっては、女性特有のリスクへの保障範囲などが違う場合もあることから、よく比較してご自分に合った保障を選びましょう。

保険の一括見積り(資料請求)