メニュー

保険を学ぶ

女性向け保険の必要性

女性は年代により異なるリスクがあると言われています。20代などの若年層では、早産や帝王切開など、また年齢を重ね高齢層となると「女性器官の病気」の発症率が高くなる傾向にあり、年代によって特に意識するべきことが変わってきます。

こういったリスクへの備えとなるのが、女性向け保険です。まずは、女性ならではのトラブル・リスクについて、今一度理解を深めていただき、その上で「なぜ保険が必要か、そして自分にとって必要な保障とは何か」を見極めていきましょう。

女性向け保険で備えられる女性特有の疾病とそのリスク

ここでは、女性向け保険で備えることができる、乳がんや子宮がん、子宮筋腫などの「女性特有の病気の発症・死亡リスク」についてお話したいと思います。

①女性のがんとそのリスクについて

まず女性の年齢別のがんリスクについて見てみます。厚生労働省の統計調査データによれば、30代後半~60代の死因1位は「がん」となっていることがわかります。

20代~60代女性の年齢別がん死亡数推移

年齢階級 死亡数(人) 構成割合(%) 各年代
死因順位
20~24 95 10.4 3位
25~29 186 15.6 2位
30~34 435 26.0 2位
35~39 988 36.3 1位
40~44 1,591 44.7 1位
45~49 2,525 50.9 1位
50~54 4,072 55.3 1位
55~59 7,291 56.9 1位
60~64 10,033 54.7 1位
65~69 12,758 50.5 1位

※構成割合とは、それぞれの年齢階級別死亡数を100とした場合の割合

(※出典:厚生労働省 第8表 死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合 より)

また、特に発症しやすいのは乳がんです。乳がんにかかるリスクは30代から増加し、40代から急激に高まります。さらに、50~60代でも発症するリスクは高止まりしたままとなっています。

②子宮・卵巣系の疾患とそのリスクについて

女性特有の病気は「がん」の他にも存在しています。
代表的な病気は以下の通りです。

病名 発症しやすい年代について リスクについて
子宮筋腫 30代女性の20~30%の方にみられる
20代~50代女性が発症しやすい
早産・流産など、出産についてのリスクが高まる場合もある
数年後、再発の可能性もある
子宮内膜症 20~30代女性が発症することが多い
※最も多いのは30~34歳
痛みの他に、不妊症などのリスクがある
長期の経過観察が必要となる
卵巣の病気
(良性腫瘍)
20~30代など、比較的低い年齢層の女性に多くみられる 無症状の場合が多く、妊娠の際に発覚することもある

(※参考:/公益社団法人 日本産科婦人科学会/一般社団法人 日本女性心身医学会/知って得する病気の話_子宮筋腫のおはなし(産婦人科) | 彦根市立病院/卵巣のう腫(治療、及び腹腔鏡下手術) « 倉敷成人病センター ひとりひとりにやさしく 最良の医療を より)

③出産について:帝王切開などのケースになる場合も

出産にも女性特有のリスクがあります。自然分娩による出産が困難な場合、母体と生まれてくる子どもを守る為、帝王切開による出産(異常分娩)となるケースも考えられます。

出産は、一般的に保険においては病気と判断されないため、保障の対象とはなりませんが、帝王切開や切迫早産など「異常分娩」では保障の対象となる場合があります。

(※出典:厚生労働省 平成28年我が国の保健統計 医療施設の動向より)

帝王切開手術の割合は2014年には24.8%と、約4人に1人が帝王切開での出産となっているデータもあり、女性向け保険を検討する際は、異常分娩による出産リスク・想定外の入院や手術についても備えておくことをおすすめします。

まとめ

「まだ年齢が若いから」「これまでに大きな病気やケガをしてこなかったから」と、きっと今はまだ大丈夫と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、「もしも」は急に訪れるものです。

女性は、女性特有のがんや病気だけでなく、妊娠や出産など、男性よりも考えなければならないリスクが多いというのも、自分に必要な保障を理解するうえでの大切なポイントです。

これからの人生を安心して過ごしていくためにも、この機会に医療費負担へ備える必要性について考え、とりわけ女性特有のリスクに対して必要な保障を「女性向け保険」で準備していきましょう。

保険の一括見積り(資料請求)